吉原の風俗街で本番行為はクラミジア感染に注意を

クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が繁殖、過激な性行為によって感染する性病の1つです

成人向けビデオやネットの無料動画では、若い男女が当たり前のように過激な性行為を演出しています。オーラルセックス、アナルセックス、ディープキス、道具を使っての、性行為など。

これらは視聴者を興奮させ、性欲を触発させるように演出されているため、過激に制作されています。

クラミジアは若い男女が感染するという特徴を持った性病の1つですが、性病の怖さを知らずにこういうビデオの真似をして性病になってしまったら悲劇です。

さらにクラミジアが拡大感染する理由は、以前に比べて様々なツールを使って、男女の出会いの場が増えたが挙げられます。

東京には昔から吉原という、風俗街はあります。これらの取材レポートを読んで、刺激された読者が吉原に行き、風俗遊びをしたとします。
吉原は性行為そのものをするので、最終的には女性の子宮の中に、精子を放出します。

性行為中に女性が男性器をなめしゃぶるフェラチオをすれば、口が汚れます。その口でディープキス、口の中に舌を絡めたり、出し入れすれば、当然細菌が侵入する恐れがあります。

吉原で働く女性は性病検査はかなりきっちりしているとはいえ、男性のお客のほうは完璧とはいえません。

クラミジアは性病の症状がでるのに1か月程度、潜伏期間があります。

その間、ネットやスマホの出会い系サイトを利用して、不特定多数の男女が出会い。

自分がいつ、どこで誰からクラミジアに感染させられたのか、また感染させたのか。実態が分からないまま、クラミジアの細菌が感染していくことになります。

興味本位の性行為で一時的な快楽を受ける半面、怖い病気が潜むリスクを自覚するべきです。