性病に悩む年齢層と男女比

性病に悩む年齢層と男女比に関しては、年齢は圧倒的に10代が多いです。
性行為の低年齢化が顕著になっています。
まだ性に関する意識が未熟で性病や妊娠といったリスクに関する知識が乏しい中での性行為で、コンドームなどの避妊道具の使用率が低いことで性病に掛かるリスクが高くなっています。
また、男女比で言うと女性の方が若干高いというデータもあります。
アダルトビデオの影響を受けてオーラルセックスを行う10代が多い傾向にあり、女性の場合は口の中に性病を発症することが多いです。
さらに性病は自覚症状が少ないことで感染が広がるリスクも高まり、10代の場合は性病で病院に行くことに抵抗があったりとさらに症状を悪化させる要因となっています。

この様な10代の性病の拡大を抑えるには、学校といった教育機関での性教育の充実が必要であると言われています。
数年前にも性行為についてヨーロッパのような性教育を導入することを検討しているという報道がありました。
しかし、保護者や一部の有識者の反対により導入を見送られましたが、10代の性病感染者が増える今日、学ぶ機会を与える必要があるという議論が再び起きています。
特に性病を防ぐ知識は必須です。