包茎手術を受けた後はしばらく痛みが続く

包茎を気にしている人は大勢います。
特に大浴場に入ったときなどに他人と自分の形の違いをみて気付くこともあります。
今では、クリニックで簡単に手術を受けることができます。
広告では、一切の痛みはありませんというふうに宣伝されています。
手術中は麻酔が効いているため痛みはありません。
しかし、包茎手術を受けた後しばらく痛みが続くことがあります。
包茎手術をうけた後、入院することもなくすぐに帰宅することになります。
抜糸が必要なので約2週間後に病院に行くことになります。
抜糸が必要ない溶ける糸を使用している場合でも経過観察のため病院にいく必要があります。
手術後はしばらく痛みが続くので抗生物質や痛み止めを飲むことになります。
包茎手術をした後は安静にしているときは痛みはありません。
普通の生活では全く問題はありませんが、走ったり階段を駆け上がるという動作は痛みを引き起こしてしまいます。
また、一番痛みがあるのが勃起をした時です。
包茎手術を受けた後は約半年間、朝立したときなどしばらく痛みが続くことになるので痛み止めは飲むという覚悟はいります。
性行為や自粛行為もしばらくは我慢することになります。
このように、包茎手術を受けた後のことも踏まえて説明する病院は信頼を得られます。