性病の治療薬は色々な種類があります

性病の治療薬には色々な種類があることから、その症状にあったものを選ぶことが必要です。
もしも性病に感染したという時にはいち早く性病科や皮膚科、泌尿器科や婦人科等で適正な治療を行うことが必要ですが、どうしてもそういったところに行くことができないという人もいます。
そのような時に有用なものが、性病の検査キットなのです。
これを利用することで自分が性病にかかっているのかどうかを知ることができます。
そして治療薬を購入することも可能なのです。

検査キットはインターネットを利用して、申し込みをすることができます。
自宅でも会社でも自分の指定した場所に届けてもらうことができ、その中身は誰にもわからないようになっているので他人にそのことを知られることはありません。
共に暮らす家族にすら知られずに、検査をすることができるのです。

検査結果を見てもしも陽性の反応が出た場合には、その感染症に応じた薬を購入することです。
この時に気を付けるべきことは、きちんと信頼することができる業者から購入をするということです。
性病の治療薬とひとことに言っても色々な種類があるので、その症状にあったものを購入しなければ改善をすることはできないのです。

包茎な男性は性病になりやすい

どうして、包茎な男性は性病になりやすいのか?
不安も抱えている方も多いと思いますが、包茎と性病の絶対的な因果関係はないですが、リスクは生じやすいのが事実です。

包茎は亀頭が覆われている為、不潔になりやすく刺激にも弱い為、性病に感染しやすいです。

包茎の方がなりやすい性病を紹介いたします。

①亀頭包皮炎
亀頭が腫れたり、膿が出たりする病気、性行為に関わらずペニスを不潔にする事でなりやすい病気です。
②尿路感染症
包皮や亀頭に繁殖した細菌が尿路に進入して起きる病気です、風邪の熱かと思えば尿路感染を起こしている場合も多いです、クラビット等の抗生物質の薬が処方されます。
③クラジミア
クラジミア菌の感染によって、尿道から膿が出てくる病気です。
④性器ヘルペス
亀頭などに、水ぶくれの水泡、赤い発疹が出るのがサインです、包茎の人に多い病気です。

性病の予防はSEXをしない事ですが「SEXをしない事なんて」思う方が多いと思います、コンドームを付けて特定のパートナーとだけとする事が最善の防止策です。

皮膚科のNSの私の経験上は感染症防止の為、包茎の男性の場合、亀頭部をめくって滅菌水等で洗浄してました(笑)やはり垢を溜めない様にしているのも一つの防止策かもしれません。

クリアネックスやグリンス等と言う性器専用の石鹸も売られていますが、刺激等が強いとの話もあります、性病になってしまった場合には医療機関での受診をオススメします。