クラミジアによる腹痛と湿疹の原因

クラミジアによる感染の症状として女性の場合は軽い不正出血や生理痛のような腹痛が起きることがあるのですが、これらの症状は生理の時にも起きるので、気がつくことが無いまま放置されていることが多いとされていて、クラミジア感染症が社会的に広がっている原因の一つとして初期症状が非常に軽いということがあります。腹痛に関しては感染が進行して肝臓までクラミジア感染症が広がった場合に強い痛みを伴う腹痛が起きることがあるのですが、それ以外には腹痛が起きることがないので、他の性感染症に比べるとクラミジアは放置されやすい細菌として扱われています。クラミジアの治療は血液検査や性器の表面の細菌を調べることで感染の有無を確かめるのですが、感染が確認された場合には抗生物質を服用して、3週間後にもう一度検査を行って細菌が検出されなければ治療が完了します。しかしパートナーが感染者である場合にはすぐに感染を繰り返すので相手がわかっている場合には一緒に受診をして治療を行うことが必要になります。性器周辺の湿疹はクラミジアでは起きませんが性器ヘルペスに多いとされていて、痛みを伴うので座るのも難しい状態になります。性器ヘルペスは水泡状の湿疹が性器や肛門の周辺にできるのが特徴で、パートナーの口の周辺にヘルペスができているとそれが女性の性器に感染して痛みを伴う湿疹ができるので、セックスをするときにパートナーの口の周辺にヘルペスがある場合には粘膜の接触をしないように気を付けなければなりません。極稀に性的な接触がなくても性器ヘルペスになることがありますが、性器の粘膜に直接感染しているので、何らかの接触がなければ性器ヘルペスによる湿疹はできません。