クラミジアと若年性のマイコプラズマ肺炎について

マイコプラズマは比較的若い人が感染しやすい若年性の肺炎で軽症の場合が多いのですが、咳が1ヶ月以上続く場合があるので免疫力が弱い人が感染して場合には注意が必要ですが、若年性の肺炎なので高齢者に感染しにくいのがマイコプラズマの特徴なので咳の症状が長続きすることで体力が低下してしまいますが、ほとんどの場合は軽症で完治します。若年性で行動力がある人が感染するのでマイコプラズマの感染は短期間に広がる傾向があるので注意が必要です。クラミジアは細菌感染症ですが、主にセックスをした時に感染するので性感染症とも呼ばれていて、粘膜に直接触れることでクラミジアの感染者となります。直腸や目、口の中などの全ての粘膜に感染の可能性があるので、肛門性交によっても感染するリスクがあります。クラミジアは女性の感染者が多いのですが、これは性器の構造が関連していて、女性器は粘膜の部分が多く、子宮から内臓まで障壁なくつながっているので、感染が肝臓などまで広がりやすいので、一度感染をすると重症化するリスクが男性に比べると高いのが特徴となっています。クラミジアを予防するためにはコンドームが有効なのですが、粘膜に触れると感染するために、オーラルセックスやキスをする段階からコンドームを装着する必要があるので、パートナーの協力が必要となります。初期症状は軽いので見過ごされることが多いのですが、放置していると子宮内膜炎や卵管炎を起こすので激しい腹痛が起こることがあります。治療は抗生物質の投与ですが、1度服用するだけで治療が完了するので気軽に治療を受けることができる感染症です。治療後はもう一度検査を受けて抗体ができていないことを確かめて完了します。